Resources

フォグコンピューティングの定義

フォグコンピューティングは、システムレベルの水平アーキテクチャであり、クラウドからモノへと連続し、どこにでも存在するコンピューティング、ストレージ、制御、そしてネットワーキングのリソースやサービスを分散します。

水平アーキテクチャ:
複数の業界やアプリケーションをサポートし、ユーザーやビジネスにインテリジェンスとサービスを提供します。

クラウドからモノまでの連続したサービス:
モノのすぐ近くまで、あるいはクラウドからモノまでの連続体の間に、分散したサービスやアプリケーションを可能にします。

システムレベル:
モノからネットワークエッジを超えて、クラウドの中へと広がり、さらに複数のプロトコル層にまたがる無線システムの内だけではなく、特定のプロトコル層だけはなく、エンドツーエンドのシステムに留まらず、モノとクラウドの間に広がったシステムです。

フォグコンピューティングのユースケース

フォグコンピューティング技術が、どのように工場の生産現場でモノづくりを支えるのかをご紹介します。
ダウンロードはこちら

フォグコンピューティングは、現在の利用者と新たに車を必要とする利用者に対して、最適な場所、最適なタイミングで車を引き渡すことができます。
ダウンロードはこちら

ドローンによる宅配便のユースケースをフォグコンピューティングの環境下においてメリット、必要条件、規制などの面からスタディしました。
ダウンロードはこちら

その他のユースケース(英語版)
詳細はこちら