「DHT抑制」が薄毛改善のカギ!具体的な方法は食事?サプリ?育毛剤?

薄毛について調べていると、かなりの頻度で登場してくる「DHT」というワード。

AGA(男性型脱毛症)の原因物質になる、脱毛ホルモンと呼ばれる悪魔のような物質です。

今回は薄毛の原因で最も多いと言われるAGAの原因「DHT」についてご紹介。

DHTの働きや、AGA予防のためにDHTを抑制する対策方法もまとめて検証していきましょう。

DHTは本当に抑制していいの?DHTの謎にせまる

冒頭でもご紹介したとおり、DHTは髪の成長期間を狂わせて脱毛を促す、悪名高いホルモンです。

DHTの正式名称は「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの一種。

男性ホルモンのテストステロンが、頭皮に多い酵素の5αリダクターゼの作用で変化したものです。

ただ髪を脱毛させるだけのホルモンが、体内で作られるなんて変だと思いませんか?

男の胎児や乳児にはDHTが絶対必要

実はDHTは男の胎児や乳児にとって、男性器を成長させる大事なホルモンなのです。

母親の体内で、妊娠6周目~24周目にテストステロンが大量分泌、そこからDHTが生成される仕組み。

そのため、DHTを抑制させる効果が期待できるもの

  • AGA治療薬のプロペシア
  • ノコギリヤシ
  • オウゴンエキスなど

これらを妊娠中や授乳中の母親が摂取することで、男児が奇形になる副作用の危険があるのです。

妊娠中や授乳中にうっかり摂取しないように、手が届かない場所に置く必要がありますね。

大人にとってDHTは全く必要がない

男の胎児や乳児には、DHTが必要不可欠なホルモンでした。

しかし大人の身体にとってDHTが引き起こすものは

  1. 髪以外のヒゲやムダ毛といった体毛の増加
  2. 髪の毛の脱毛増加
  3. 皮脂の過剰分泌を誘発
  4. 前立腺肥大症を誘発

これらのような最悪なものばかり。

特に問題なのが、2の髪の毛の脱毛増加ですね。

これはしっかりとDHTを抑制する必要があります。

DHTは抑制するべきもの!薄毛は解消するの?

DHTを抑制したからといって、薄毛が解消するとは言い切れません。

薄毛の原因はDHTによるAGA(男性型脱毛症)だけではないのです。

  • ストレス
  • 生活習慣
  • 遺伝

これらの原因だったり、複数の原因が重なったりと、薄毛の原因を特定するのは難しいもの。

しかし薄毛の原因の大半はAGA、つまりDHTが原因と言われています。

そこでここからは、DHTが原因の薄毛の症状を検証していきましょう。

AGAは薄毛の進行が遅いことが特徴

「ちょっと薄毛が気になってきたな。」

もしも薄毛の原因がAGA、つまりDHTの働きによるものだった場合、この時点でかなり進行しています。

AGAが恐ろしいと言われるのは、症状に気付きにくいという点。

さらに前頭部の生え際が後退したり、こめかみの上が後退していくM字ハゲになりやすい特徴もあります。

DHTを抑制することでAGAも抑制する

AGAの発症メカニズムは、DHTが髪の毛の成長サイクルを狂わせる点。

DHTの作用で毛母細胞の分裂が抑制されて、髪の成長期が短くなります。

通常だと2年~5年も成長し続ける髪が、たった数ヶ月で抜け落ちる結果に。

この恐ろしいAGAを抑制するためには、

  • DHTの働きを抑制すること
  • DHTを生成させないこと
  • DHTを生成させる5αリダクターゼの働きを抑制すること

これらの対策が必要となるのです。

DHTを抑制する方法とは?対策一覧はこちら!

DHTは確実に抑制することが可能です。

しかし体内で自然に生成されるものなので、完全に取り除くことは不可能。

ここからは、DHTを抑制する具体的な方法をご紹介していきましょう。

  • 正しい食生活でDHTを抑制【食事療法】
  • ストレス発散でDHTを抑制【精神回復】
  • 禁酒禁煙をしてDHTを抑制【生活改善】
  • 継続的な運動でDHTを抑制【身体改善】
  • 薬品を服用してDHTを抑制【効果速攻】
  • 育毛剤を使ってDHTを抑制【オススメ】

正しい食生活でDHTを抑制【食事療法】

DHTを生成する酵素の5αリダクターゼ。

毛乳頭内に存在する5αリダクターゼは、身体の栄養が不足しているときに活性化すると言われています。

偏った栄養だけを摂取する食生活だと、DHTが増えるわけですね。

栄養バランスの良い食生活にしながら、意識して摂取するべき栄養素は、大豆イソフラボン亜鉛

どちらもDHT抑制効果が期待される栄養素で、育毛サプリにも配合されている成分です。

大豆イソフラボンで男性ホルモンの作用抑制が期待

大豆イソフラボンは、美容効果も高いと言われている成分。

実は女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持っているからです。

女性ホルモンに似た効果で、男性ホルモンの作用を抑える効果が期待できるのですね。

亜鉛で5αリダクターゼの働きを抑制する効果が期待

亜鉛には、細胞の新陳代謝をアップする効果が期待できます。

さらに育毛で期待できる効果として、5αリダクターゼの働き抑制がありますね。

DHTを生成する原因になる、5αリダクターゼの働きを抑制すれば、AGAも解決。

亜鉛は牡蠣、レバー、納豆といった食材に多く含まれているので、意識して摂取しましょう。

ストレス発散でDHTを抑制【精神回復】

「ストレスでハゲる」なんてギャグのように言われていますが、実はストレスとハゲには関係がありました。

ストレスがたまると自律神経が乱れて、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、DHTの素になる男性ホルモンの分泌量が増加

さらにストレスが原因で過労や睡眠不足が合わさると、頭皮の血行不良にもつながります。

DHTが発生しやすくなり、頭皮環境も悪くなるのでハゲやすくなるのですね。

定期的にストレスを発散できるように、趣味の時間を確保しましょう。

禁酒禁煙をしてDHTを抑制【生活改善】

タバコを吸うと血管が縮まり、髪の毛に栄養が送られにくくなります。

しかも喫煙で発生する活性酸素を分解するとき、大量の亜鉛が消費されて栄養不足になりがち

お酒は少量なら血行促進を促しますが、過剰に摂取するとDHTが生成されやすくなります。

髪のためにも、身体のためにも、財布のためにも、禁酒禁煙が一番でしょう。

継続的な運動でDHTを抑制【身体改善】

DHTは汗や尿と共に体外へ排出されるという、研究結果が報告されています。

つまり運動で汗をかくことで、DHT増加を防ぐことが可能。

適度な運動には、ストレス発散効果や血行改善効果も期待できます。

あまりにも高負荷な筋トレは男性ホルモンを増加させるので、軽い運動で良いですよ。

テレビを見ながら低負荷の運動をすれば、気持ちの良い汗をかけるのでオススメ。

寝転びながらでもいいので、長い時間をかけて体を動かし続けましょう。

薬品を服用してDHTを抑制【効果速攻】

すぐにでも効果が表れてほしい場合、医薬品を服用するという選択肢もあります。

ここからは、薄毛治療薬として有名な2つの医薬品をご紹介しましょう。

プロペシアのフィナステリド

医薬品プロペシアに含まれている、フィナステリドという成分が5αリダクターゼの働きを抑制。

スポーツ選手がドーピングを隠すためにも用いられている例があるので、スポーツ選手が使用するのは危険でしょう。

ザガーロのデュタステリド

医薬品ザガーロに含まれている、デュタステリドも有名なAGA治療薬。

プロペシアもザガーロも、副作用の危険性がある医薬品と認められています。

特にザガーロの方が、副作用の危険性が高いと言われていますよ。

医薬品は薄毛治療効果も高いですが、副作用の危険性も高いというのは育毛界の常識

副作用の内容は、男性にとって致命的な男性機能減退なので、怖くて使用できない人も多いですね。

育毛剤を使ってDHTを抑制【オススメ】

育毛の初期段階は正しい食生活とストレスを溜めない生活、禁酒禁煙をして適度な運動を続けることです。

そして育毛の最終段階は医薬品による薄毛治療か、育毛剤の使用のどちらかですね。

医薬品による、男性機能に関しての副作用だけは絶対に避けたい!

それならば育毛剤使用がオススメです。

ここからは代表的な3つの育毛剤をご紹介しましょう。

AGA対策なら【プランテルEX】

プランテルEXの代名詞は「AGA専門の育毛剤」です。

発毛促進効果が期待できる3つの有効成分。

有効成分の効果を促進させるリデンシル。

そして独自配合成分の、ペブプロミンαが配合された育毛剤ですね。

他の育毛剤に比べると、お値段が高めというポイントがありますが、評判も高いのです。

医薬品を意識した【フィンジア】

フィンジアの特徴としては、キャピキシルとピディオキシジルが配合されている点。

医薬品に含まれる成分の「ミノキシジル」と似た名前ですよね。

キャピキシルは、ミノキシジルと同等の効果が期待できる成分として注目されています。

その効果とは「育毛促進効果」で、ミノキシジルの約3倍の効果が期待できると言われていますよ。

医薬品のミノキシジルと違って、副作用の心配がない点も大きいですね。

ピディオキシジルは、髪の毛を作りだす細胞を活性する効果が期待。

注目の成分2大柱で、多くの人から愛用されています。

フィンジアの特徴はもうひとつあり「ゲートアクセス論」にも注目したいですね。

カプサイシン配合で、加齢によって硬くなる頭皮を柔らかくする効果が期待。

柔らか頭皮から、育毛成分を浸透させやすくする工夫も施されています。

育毛剤王者【イクオスEXプラス】

DHTを抑制させる効果が期待できる成分は、意外にも多く存在しています。

成分ごとにDHTの抑制方法が異なっていることに、注目してみましょう。

例えばDHTが生成される前、5αリダクターゼの働きを抑制する効果が期待できる成分。

イクオスEXプラスにはオウゴンエキスをはじめ、5種類の成分が配合されています。

もしDHTが生成された後でも、脱毛因子の働きを阻害する効果が期待できる成分。

これも、クワエキスをはじめ8種類の成分が配合されています。

イクオスEXプラスを王者と呼ぶ一番の理由は、配合成分の種類の多さ

育毛業界トップに君臨する124種類で、さまざまな薄毛の原因に対応可能ですよ。

DHTを育毛サプリで抑制!買うならイクオス!

DHT抑制の初期段階として

  1. 正しい食生活
  2. ストレス発散
  3. 禁酒禁煙
  4. 継続的な運動

以上の4つをご紹介しましたが、現実的にどうでしょうか。

2,3,4はDHT抑制のためなら頑張れますし、何よりもお金があまりかからないメリットがあります。

3にいたっては、禁酒禁煙することでお金が浮いてきますよね。

しかし1の正しい食生活を実現しようとすると、結構お金がかかってしまいます。

お金以外に、手間もかかってしまうので、私のように挫折してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが育毛サプリによる、効率的な栄養摂取ですね。

【イクオスサプリEXプラス】が最強育毛サプリ

数ある育毛サプリの中で、最強と言わざるを得ないのは間違いなく「イクオスサプリEXプラス

まずは絶対的な配合成分数58種類

ライバルのチャップアップサプリは37種類、ボストンサプリは26種類と差は歴然としていますね。

次に配合成分量の公表と、実証試験が裏付けしたデータに基づいた配合成分量の決定です。

ノコギリヤシ配合量が実証試験と同じ

育毛成分の代表と言われるノコギリヤシは、海外の実証試験で中程度のAGA患者の38%に、改善効果が得られる結果が報告されています。

その試験で使用されたのが320mgのノコギリヤシ

イクオスサプリEXプラスのノコギリヤシ配合量も、同じ320mgとなっています。

亜鉛と大豆イソフラボンも配合量を公表

「正しい食生活でDHTを抑制」でもご紹介しましたが、優先して摂取したい栄養素としての大豆イソフラボンと亜鉛。

イクオスサプリEXプラスでは大豆がイソフラボン100mg、亜鉛が12.88mgを配合しています。

実は育毛サプリの多くは、配合量を非公表にしているものが多いのが現状。

その中で、ほとんどの配合成分量を公表しているイクオスサプリEXプラスは、信頼できると言えますね。

育毛剤イクオスEXプラスとセットで購入しよう

イクオスサプリEXプラスと、育毛剤イクオスEXプラスは、同じシリーズなので相性もバツグン。

互いに抜けている効果を補完し合ったり、互いの効果を高め合う効果が期待できますよ。

一番オススメしたいのが、セットで購入した時の割引率の高さですね。

購入方法 税抜価格 備考
育毛サプリ定期購入 5,270円 サプリは食品のため、消費税8%
育毛剤定期購入 6,480円 消費税10%
育毛剤+育毛サプリ定期購入 7,980円 消費税10%

育毛剤と育毛サプリを、別々に最安値の定期購入すると税抜11,750円。

育毛剤+育毛サプリ定期購入と比較すると、税抜3,770円も安くなっています。

およそ32%OFFという驚異的な割引率。

サプリが実質1,500円で購入できてしまう、販売元の利益度外視の超お得購入方法ですよ。

DHT抑制に効果的なのはコレだった【まとめ】

DHTとAGA、そしてDHT抑制対策について検証してきました。

その結果、DHT抑制対策として、最初に始めるべき具体的な方法は以下の4つ。

  • 正しい食生活
  • ストレス発散
  • 禁酒禁煙
  • 継続的な運動

最終的には医薬品による副作用のリスクのある薄毛治療か、安全な育毛剤使用に移行しましょう。

とはいえ、男性機能に危険が及ぶ医薬品の副作用は恐怖そのもの。

やはり安全に育毛剤を使用するべきですね。

私のオススメは何と言っても育毛剤イクオスEXプラスとイクオスサプリEXプラスのセット購入。

圧倒的な配合成分数、配合成分量表示、そしてセット定期購入による脅威の割引率。

生活習慣を改善し、イクオスEXプラスとイクオスサプリEXプラスを併用する。

これがDHT抑制対策の、最適解と言えるでしょう。