ハゲは食事と育毛が密に関係!予防・対策は育毛サプリが効率的って本当?

「ワカメを食べたら、髪の毛が増える。」

「ヒジキが効果的だぞ。」

ハゲ予防に良い食べ物は、いろいろありますよね。

どれが良いか迷うし、普段の食事に取り入れることも難しい。

まさか、毎食ワカメしか食べないわけにもいきません。

今回はハゲ予防に効果が期待できる食事のご紹介です。

【ハゲ予防】大事な栄養素は3つだった

ワカメもヒジキも大豆も、ハゲ予防に効果が期待できる栄養素が入っています。

ここからは、ハゲ予防に大事な3つの栄養素をご紹介していきましょう。

髪の毛の原料になる【タンパク質】

タンパク質は、人間の身体にある全ての部分に大きく関係する栄養素。

一番有名なのは、筋肉トレーニングをしながら飲むプロテインですね。

強い筋肉を効率良く作りだすために、タンパク質たっぷりのプロテインを飲むわけです。

もちろん髪の毛もタンパク質が原料

ただし、髪の原料のタンパク質「ケラチン」は、食物から摂取ができません。

まずはケラチンを生成するのに必要な栄養素を、摂取する必要がありますね。

ケラチンを作るには18種類のアミノ酸が必要

18種類ものアミノ酸を必要とすると、難易度が高そうに見えます。

しかし実際に18種類のアミノ酸の中で、

  • シスチン:17.2%
  • グルタミン酸:13.8%
  • アルギニン:9.1%

上記3種類のアミノ酸が多く必要。

特に必要な「シスチン」を多く摂取するように心がけると良いでしょう。

「シスチン」が多く含まれるのは、植物性タンパク質

  • 小豆
  • ピーナッツ
  • オートミール
  • パスタ

といった食材です。

ケラチン生成に必須な【ミネラル】

18種類のアミノ酸だけを大量に摂取しても、髪の毛は生成されません。

実は髪の毛生成には、亜鉛というミネラル成分が必要不可欠

ケラチン生成に必要なうえ、血中ヘモグロビンを生成する役割もありました。

つまり亜鉛が不足することで

  1. 血中ヘモグロビンが不足
  2. 血行不良や貧血が発生する
  3. 毛細血管の先にある毛母細胞まで栄養が届かない

このような悪循環が発生するのですね。

すると毛母細胞ではケラチンが生成されず、毛母細胞の働きが低下。

亜鉛不足は髪にとって、かなり危険な状況というわけです。

育毛をサポートする【ビタミン類】

ビタミン類は、育毛を陰で支える裏方のような役割。

  1. ビタミンA:頭皮の乾燥防止
  2. ビタミンB1,B2:糖質からのエネルギー生成サポート
  3. ビタミンB6:ケラチン生成をサポート
  4. ビタミンB12・葉酸:毛母細胞の分裂促進
  5. ビタミンC:タンパク質、亜鉛の吸収サポート
  6. ビタミンE:血液をサラサラにする

決して目立つわけではありませんが、しっかりと育毛をサポートしてくれますね。

ビタミンB6のケラチン生成をサポートする働きや、B12・葉酸の毛母細胞の分裂促進は、育毛に欠かせない要素でしょう。

【髪に良い】栄養素を含む食品を大公開

ご紹介してきた、ハゲ予防に効果が期待できる3つの栄養素

  • タンパク質(シスチン)
  • ミネラル(亜鉛)
  • ビタミン類

を食材から摂取するために、いちいち栄養素を調べる必要はありません。

しっかり調べた結果を、まとめましたので参考にしてくださいね。

ハゲ予防に期待できる食材まとめ

3つの栄養素以外にも、ハゲ予防に効果が期待できる栄養素があるので、一緒にご紹介します。

栄養素名 食材名
タンパク質(シスチン) 大豆製品・小豆・オートミール
亜鉛 牡蠣・豚レバー
鉄分 レバー・卵黄
ビタミンA レバー・モロヘイヤ・ニンジン
ビタミンB1 豚肉・青のり
ビタミンB2 レバー・のり
ビタミンB6 ピスタチオ・ニンニク・マグロ
ビタミンB12 シジミ・赤貝・筋子
葉酸 レバー・のり・枝豆
ビタミンC 柑橘類・芽キャベツ・ピーマン
ビタミンE アーモンド・筋子・アンコウの肝

表の補足説明として、以下を付け加えます。

  • タンパク質は特にシスチンを多く含む食材
  • 鉄分は吸収率が高いヘム鉄を含む食材を優先
  • ビタミンAは過剰摂取に配慮してβカロチンを含む植物性を優先

まとめてみて気付きましたが、毎日これだけの食材を摂取するのはかなり困難だと思います。

ハゲ予防に期待できる成分は他にも

育毛に必要なのは3つの栄養素(タンパク質・ミネラル・ビタミン類)だけではありません。

他にも以下の4つの成分に、育毛効果が期待できますよ。

  • コラーゲン
  • イソフラボン・カプサイシン
  • フコイダン

わざわざイソフラボンと、カプサイシンをまとめて書いたのには理由があります。

それでは詳しくご紹介していきましょう。

コラーゲンで頭皮環境を改善する

頭皮環境改善効果は、ビタミンAにも似たような効果がありました。

頭皮が乾燥することで、フケが出たり炎症が発生することがありますよ。

フケが多くなると毛穴が詰まってしまい、髪の成長が止まってしまいます。

汚れから細菌が感染することで炎症が起きると、粃糠脱毛症の原因に。

このような頭皮環境を改善するのが「コラーゲン」というわけですね。

コラーゲンが多く含まれる食材は以下のとおり。

  • 鳥皮
  • 軟骨
  • 豚骨
  • 牛スジ

コラーゲンも多いですが、脂肪分も多いのが特徴。

あまり食べ過ぎると良くないので、注意しましょう。

同時に摂ることで効果が大きくなる

イソフラボンとカプサイシンは、同時に摂取することで効果大

毛母細胞の分裂促進効果が期待できる、IGF-1の生成量を増加させる効果が確認済の摂取方法です。

男性に比べて女性の方が髪が伸びやすい理由として、女性ホルモンがIGF-1を増加させるから。

さらにイソフラボン自体が、女性ホルモンと似た作用が期待。

AGAの原因物質、DHTの働きを邪魔する効果が期待できますよ。

イソフラボンを多く含む食材は

  • 豆腐
  • 納豆
  • 豆乳

カプサイシンを多く含む食材は

  • キムチ
  • 豆板醤
  • トウガラシ

同時に摂取することが望ましいので、豆腐チゲ・キムチ納豆といったメニューがオススメ。

やはり海藻の成分は髪に良かった!

フコイダンは、メカブ・モズクといった海藻のヌルヌル部分に含まれている成分です。

「ワカメを食べたら髪の毛が増える」という昔からのウワサの正体は、フコイダンだったのでしょう。

毛母細胞の分裂促進効果が期待できます

育毛剤の主成分として多く採用されている「M-034」も、フコイダン由来の成分

信頼度が高い育毛成分と言えるでしょう。

【脱毛防止】ノコギリヤシの実力とは

ここまでご紹介してきた成分に期待できる効果は主に

  • 髪の毛の原料や、髪の毛生成に役立つ
  • 頭皮環境の改善
  • 毛母細胞の分裂促進

この3つでした。

どれも「髪の成長力を高める」効果が期待できますよね。

しかし脱毛を防ぐ効果が期待できるものがありません。

そこで注目するのは、ノコギリヤシです。

AGAの治療薬と同等の効果が期待

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が合成してできるDHTが原因。

DHTが髪の成長期間を狂わせて、早期脱毛を促進させるのです。

AGA治療ではDHTの生成を抑制させるため、「プロペシア」という薬を処方。

治療効果はありますが、同時に副作用の危険性も高くなっています。

この「プロペシア」と同等の効果が期待できるのが、ノコギリヤシですよ。

ノコギリヤシには実証データがある

海外の試験で、AGA患者に対してノコギリヤシエキスを毎日320mg、およそ2年間を投与。

全体のおよそ40%の患者の、AGAが改善したというデータが報告されました。

過剰摂取をしても副作用が出ないという試験も同時に行われ、治療効果と安全性が実証されています

ノコギリヤシは健康にも良い食べ物

ノコギリヤシは、もともと精力剤として使用されてきた歴史があります。

今でも多くの精力剤に配合されていて、血流促進効果が期待されますよ。

「これだけ優秀な食材なら、毎日でも食べたい!」

と思いますが、日本に住んでいると難しいでしょう。

ノコギリヤシは日本に生えていない

ノコギリヤシが自生しているのは、アメリカからメキシコの湾岸地帯。

赤道付近なので、日本とは全く気候が違う場所です。

ノコギリヤシを輸入しても、運送費が一体どれだけかかるでしょうか。

それならば、ノコギリヤシが配合された「育毛サプリメント」を購入する方が安く手に入りますよ。

【育毛サプリ】栄養素はサプリで楽に

ここまでご紹介してきた栄養素を、全て食べ物で摂取しようとすると非常に難しいですよね。

食材を手に入れても調理しないといけないし、髪の脱毛抑制が期待できるノコギリヤシは日本国内にありません

ですが栄養素を摂取できれば、そのものを食べる必要はありませんよね。

そこで簡単に栄養素を摂取するためには、育毛サプリメントが一番

【比較】一番良い育毛サプリって何?

育毛サプリもいろいろと販売されているので、どれが一番良いか悩みます。

配合されている成分にも違いがあるので、ひとつひとつ比べないといけませんよね。

もちろん、比較できる表を作りました。

比較対象のサプリは以下の5種類です。

  • イクオスサプリEXプラス
  • チャップアップサプリ
  • ボストンサプリ
  • gungun(ぐんぐん)
  • フェルサ

さっそく、成分比較まとめをご紹介しますね。

イクオスサプリEXプラス チャップアップサプリ ボストンサプリ gungun(ぐんぐん) フェルサ
タンパク質 ×
ビタミンA × × ×
ビタミンB1 ○1.15mg ×
ビタミンB2 ×
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸 × × ×
ビタミンC × ×
ビタミンE ○10.16mg × ×
亜鉛 ○12.88mg ○4mg × ○3mg
大豆抽出物 ○100mg × ○20mg ×
カプサイシン × ×
コラーゲン ○100mg × ○100mg ×
フコイダン × × × ×
ノコギリヤシ ○320mg ○300mg ○100mg

○の成分が配合されていて、配合量が公開されている場合は量を記載しています。

イクオスサプリEXプラスが一番良かった!

チャップアップサプリやgungun(ぐんぐん)は、配合量を公開していません。

これは0.01mgでも入っていれば表示できるので、信頼性がありませんよね。

配合量を公開している中で、イクオスサプリEXプラスは別格

今回ご紹介した、髪の毛に良い栄養素を全て配合しています。

しかも配合量のほとんどを公開しているので、信頼性も高いですね。

あとは値段の問題だけです。

【比較】コスパの良い育毛サプリって?

どれだけ配合成分が優秀であっても、値段が高いと続けられません。

そこで先ほどの5種類の育毛サプリの、値段を含めた基本情報でコスパを比較してみましょう。

イクオスサプリEXプラス チャップアップサプリ ボストンサプリ gungun(ぐんぐん) フェルサ
配合成分数 58種類 37種類 26種類 25種類 23種類
最安価格 5,270円 4,980円 6,458円 3,980円 5,691円
定期解約条件 初回からOK 初回からOK 3回継続後 3回継続後 初回からOK

実は値段を見てみると、どれもあまり変わりません。

Gungun(ぐんぐん)が安いですが、配合成分の視点から見るとコスパは悪いですね。

配合成分数が飛び抜けているイクオスサプリEXプラスが、コスパ最高で間違いありませんよ。

【まとめ】ハゲ予防は食事より育毛サプリ

今回、ハゲ予防のために必要な栄養素と、その栄養素が多く含まれている食材をご紹介してきました。

しかし食事で摂取するには、お金も手間もかかるので非効率的

手軽に栄養補給ができる育毛サプリが、ハゲ予防に役立つことが分かりました。

育毛サプリの中でも「イクオスサプリEXプラス」が、群を抜いて優秀。

コスパも最高なので、一番オススメしたい育毛サプリです。

公式サイトで購入できる、育毛剤と育毛サプリのセット定期がもっとお得。

ハゲ予防を真剣に考えるなら、まずはイクオス公式サイトを確認しましょう。