About-Header

About
Us

ミッション

OpenFogコーンソーシアムは、産業界と学術界においてフォグコンピューティングアーキテクチャの構築を牽引し、テストベッドを展開し、エンドツーエンドのIoTサービスを可能にするクラウドからエッジまでのアーキテクチャをシームレスに活用する様々な相互接続性や構成可能性の情報を提供します。

OpenFogコンソーシアムとは

OpenFogコンソーシアムは、フォグコンピューティングを構築し普及するために組成された官民業界団体です。IoT、AI、ロボティクス、ネットワークを介した触覚通信やその他デジタル先端領域において懸念となっている帯域、遅延、通信などの課題の解決を目的に、2015年11月米国にてARM、シスコ、デル、インテル、マイクロソフト、プリンストン大学によって設立されました。2016年6月に最初の地域委員会として、日本委員会「OpenFog Japan Regional Committee」が発足しました。

当コンソーシアムでは、効率的かつ信頼性のあるネットワークとスマートな端末のためのフレームワークを構築を、クラウドと端末そしてサービス間の情報流通が識別性、セキュリティとプライバシーを保つよう、オープンな技術に基づき行っています。参加メンバーはフォグコンピューティングの先進的な考えを持つイノベーターであり、協力して時代の先端の礎を構築しています。

重要課題として、ネットワーク遅延、移動端末への対応、接続問題、予測不能な通信帯域障壁問題、そしてシステムとクライアントの分散調整などに取り組んでいます。技術ワークグループでは、エンドユーザークライアントまたはユーザーに近いエッジデバイスにて情報処理、通信、制御、ストレージができるよう、OpenFogアーキテクチャの構築を行っています。

OpenFogコンソーシアムの運営は15名で構成される取締役会のもと、委員会とワークグループにて行われています。業界団体へは、リエゾン契約やアフィリエーション契約の締結により、公表前成果物の部分事前共有を行っています。公表された成果物は当サイトの資料コーナーに掲載されており、業界の皆様にお使いいただけます。

 

フォグ・コンピューティングが現れつつある背景

フォグコンピューティングは、システムレベルの水平アーキテクチャであり、クラウドからモノへと連続し、どこにでも存在するコンピューティング、ストレージ、制御、そしてネットワーキングのリソースやサービスを分散します。

  • background-openfog1
  • background-openfog2
  • background-openfog3
  • background-openfog4

水平アーキテクチャ

複数の業界やアプリケーションをサポートし、ユーザーやビジネスにインテリジェンスとサービスを提供します。

クラウドからモノまでの
連続したサービス

モノのすぐ近くまで、あるいはクラウドからモノまでの連続体の間に、分散したサービスやアプリケーションを可能にします。

システムレベル

モノからネットワークエッジを超えて、クラウドの中へと広がり、さらに複数のプロトコル層にまたがる無線システムの内だけではなく、特定のプロトコル層だけはなく、エンドツーエンドのシステムに留まらず、モノとクラウドの間に広がったシステムです。

OpenFogアーキテクチャの8つの柱

OpenFogの展開には、共通のテーマがあり、アーキテクチャの柱として示すことができます。OpenFogの実装を成功させるには、それぞれの柱を基盤にすることが重要です。

eight-pillars

OpenFogアーキテクチャ全体イメージ

entire-image

よくあるご質問

 

OpenFog コンソーシアムはどのような意図で設立されたのでしょうか。どのような問題の解決を目指していますか。

OpenFog コンソーシアムの目標はどのようなものですか。

OpenFog コンソーシアムの創設メンバーを教えてください。

その創設メンバーはどのように決められたのですか。OpenFog コンソーシアムには他にどのようなメンバーが関わっていますか。

これは標準化団体ですか。あるいは運営団体ですか。

この新しいコンソーシアムと、他の IoT コンソーシアムや他の IoT 関連標準化団体との違いはどこにありますか。同様の問題解決に取り組んでいる組織はないのでしょうか。

学界や研究組織とはどのようなコラボレーションを行うのですか。

フォグ コンピューティングとは何ですか。

従来型のクラウド中心モデルに比べて、フォグ コンピューティング アーキテクチャが複雑でコストのかかるものになることはありますか。

OpenFog はどのような組織編成で、どのように運営されていますか。

業務はどのように行われていますか。

メンバーはどの程度の頻度で集まっていますか。

地域委員会とはどのようなものでしょうか。どのように機能しているのでしょうか。

私はすでに他の組織に所属しているのですが、OpenFog に参加する必要はありますか。

私の会社はどのように参加できますか。個人で参加することはできるのでしょうか。

さらに質問がある場合、どちらに問い合わせればよいですか。

アフィリレーション関係 (提携)

リエゾン関係 (連携)